本田望結ちゃんも通っていた 七田チャイルドアカデミー

選ばれて25年。全国450の幼児教室

ホーム > 夢に向かう七田っ子 > 沖縄県 Jさん 18歳

夢に向かう七田っ子

夢への挑戦を支え、ワクワクする未来を育む七田式。七田っ子ひとり一人の活躍が、私たちの自信です。

わぁ、ステキな夢が咲いている〜♪

沖縄県 Jさん 18歳

12歳まで七田教室に通い、現在は大学1年生のJさん。ゴルフの道で力を発揮し、華々しい記録を多数樹立。現在へ至るまでの学び方や七田式教育の効果、感想などを伺いました。

家族で楽しく取り組む

「とにかく楽しかったですね」と弾む声でJさんが話してくれたのは、七田式教育の思い出。2歳から12歳まで七田教室に通っていたJさんは、お友達やお姉ちゃんたちと1000ペグで誰が一番に全部覚えるかを競いながら楽しんだそうです。「これで記憶の仕方を覚えましたね」。

それに加えて「『巧巧板』などを、タイムを競って教材がボロボロになるまで家族全員でよくしました。とにかく楽しかったですよ」と話してくれたのは、お母さま。
実はお母さまは、沖縄県初の七田教室を開いた講師でもあるのです。「七田先生の『赤ちゃんは天才』という本に出会い、ぜひわが子にも実践したいと思ったのですが当時は沖縄に教室がなくて。それならと、自分で開校してみました」。働くママとなりながらも、絵本の読み聞かせは毎晩欠かさなかったそう。お父さまも、少しの時間でも子どもたちと楽しみながら濃い時間を過ごされたことを、明るい声で話してくれました。七田式教育も、遊びも、勉強も、Jさんお得意のゴルフも、家族みんなで真剣に取り組み「とても楽しかった」と、ご家族全員が何度も口にされていたのが印象的でした。

イメージ&直感力で相次ぐ優勝

Jさんの七田式教育の成果がはっきりと現れたのは、おじいさんの影響で始めたゴルフでした。ゴルフスクールにも通い、仲間と遊び感覚で楽しくやっていましたが、最初の試合で負けた悔しさから競技ゴルフへ真剣に向かうようになったそうです。そこからJさんの快進撃が始まりました。県の大会では何度も優勝し、国体にも中学生で出場。全国ジュニア選手権大会や昨年の瀬戸内海アマチュアゴルフ選手権など数々の全国大会で何度も優勝をおさめました。「ゴルフのショットが残像のようにはっきり見えるんですよ」と、「イメージ力が七田式教育で身についたおかげ」と言うJさん。直感力も養われ、選択に迫られたときには「こっちがいい」という勘が働くようになったそう。勉強も集中力と勘が働き、ゴルフに全力をかけていながらも5段階評価中平均4.7がとれるほど好成績たっだようです。

Jさんのプレーをずっと近くで見守り、二人三脚をしてきたお父さまも「七田式教育をしていたから勘がよくなった」と言います。難しいプレーも教わるとすぐマスターでき、初めてのコースも早く対応できるようになって結果を出していったそうです。

そんなJさんは、「九州を飛び出し、もっと全国のゴルフに挑戦したい」と、ゴルフの名門である香川西高校へ、そして現在は東北福祉大学へと特待生で入学。高校生から寮生活をしていたJさんをみて「七田式教育のおかげで、自立も早かったと思います」と、少し淋しそうに、でも嬉しそうに朋子さんは話してくれました。

child05_ph01

引き出される右脳のチカラ

七田教室を卒業したJさんは「今も七田式教育を受けたいんですよ!」と意気揚々。実家のある沖縄に戻った際には、大人向けの七田式教育「イプラズジム」へ行くそうです。「頭の回転が速くなるし、イメージ力や距離感、バランス感もアップして、自分の感覚が研ぎ澄まされる感じがするんです!見えない力が引き出されるように思いますね」と、Jさん。

お父さまも「七田式教育は子どもだけのものではない」と話されます。「教室でしたことを、お母さんも子どもと一緒に毎日してみるといいと思います。親の右脳も活性化させておくと、予想を超えるスピードで前へ進む子どもの成長や可能性にいち早く気付いて、子どもの能力を引き出すきっかけを作ってあげることができますから」と。

Jさんの周りにはたくさんの人と笑顔が集まると言う、お母さま。「七田式教育のおかげで心もしっかり育ったと思います。『いい育ち方しているね』とよく言われます」。そんなJさんは、ゴルフの腕をもっと磨いて人間的にも成長したいと考え、現在の大学へ進学。目標は、大学卒業の4年後にプロゴルファーになること。
「プロゴルファーとして活躍されるのを楽しみにしていますから」と伝えると、「僕も4年後の自分が楽しみです!」と力強く、はっきりと答えてくれました。この自信と未来を切り拓いていく強さも、七田式教育とご両親、そしてJさんの努力の賜物なのでしょう。

Jさんは、自分でストーリー立てて覚えていく「ペグ」方式が楽しくて、誰が早く覚えていくか競っていたんだとか。また、カルタゲームなども、とにかく楽しんでしていたそうです。友達としっかり遊びながらも、勉強は必死にしなくてもできるようになったといいます。「イメージ力と集中力と直感力。七田式教育で身につくし、人生でとても役立ちます。とにかく楽しんですることが大切ですね」と教えてくださいました!
お子さまに合った勉強法を楽しんですることが大切なのですね!

pagetop